「工作 黒金星と呼ばれた男」

 
終わっちゃう前に、2回目を観てきました。
 
やっぱりおもしろい。
2時間21分があっという間。
主演4人の顔立ちや表情の演技を見てるだけで、面白くていつまでも見られちゃう感じ。
もちろんストーリーも面白いよ!
 
韓国の映画はおもしろいですね。
真剣に見たのは「シュリ」以来かと思うのですが。
顔立ちと服装、身の回りのアイテムが日本とほぼおんなじで、ほとんどアーリー80年代の刑事ドラマに見えるぐらいなのに、セリフがまっったく聴き取れない言語で、失語症になったらこんな感じかな〜と不思議な感じで面白い。
言葉が聞き取れないのに表情は読める。脳がうにうにする。
で、「これは韓国の映画だからセリフは韓国語なのだ」と納得してきた頃に、ちょいちょい日本語と似た音が聞こえてくるのでビクッとなる。
価値とか国のコクとか、民族がミンジョクって聞こえる。あと「テスト」、カタカナ語で「テスト」って言った?!
脳がうにうにしてフシギキモチイイ。
 
アーリー80年代刑事ドラマ風の見た目で、突然ガチ儒教しぐさ(長幼の序の韓国酒席マナー)が入ってくるのでそれもファッ?!となっておもしろかった。
でも主人公は酒席に招かれてコート脱がないの?とすごいフシギでした。儒教的には年長者のいる屋内では脱ぐのがマナー…は儒教とは関係なく日本限定ルールなのか???
でもメガネは小道具でしたね。商売人の仮面をかぶる時にメガネつけて、スパイの顔に戻る時ははずしてた。だからコートもなにかの暗喩なのかな。
あれ、将軍様の前でコート着てたかな?どうだったかな。もっと気をつけて見てればよかった。
 
1週間限定の上映なのが残念です。
ディスクはいつ発売されるのかな〜

「工作 黒金星と呼ばれた男」

映画「工作 黒金星と呼ばれた男」がむっちゃくちゃ面白かった。
 
韓国発、現代史スパイスリラーです。
 
大鉱脈を感じました。
冷戦を背景にした東西スパイものは、こう、時代も世界の対立の構図も変わっちゃってピンと来ないってか…
でも南北朝鮮スパイものは、素材がフレッシュなのですね。90年代の物語だから背景になる国際情勢も今と地続き。似たようなことが今も起きてるのかも?!ってドキドキする。
 
時代が近いってことだけでなく。
そもそも北朝鮮がキャラとして強すぎると思います。
前半のクライマックスは、スパイ氏が平壌に招かれて将軍様金正日)に会うシーンです。
そこは神話性すら感じた…
異界の荘厳さ、物々しさ、何重もの試し行為。
北京でしょっちゅう会ってた北朝鮮の人々が、まったく違う顔を見せます。ここが彼らの本国だから、これが彼らの本当の姿なのかも知れない。
そして国主の威光とプレッシャー。国主じきじきの生と死を分ける最後の試練。
神話に見る「冥府下り」の趣すら感じました。
わざとそう演出してるのかも知れませんね。
あー、むかしのスパイものの「鉄のカーテン」の向こうのクレムリンもこんなイメージだったのかしら。
若いから分かんないな!ざんねん!(90年代が最近と言う者は若くはないのかもですが)
 
だなんて無責任にワクワクしちゃいましたが…
準戦争状態にある国には、こういう苦労があるのでしょうか。
いつどこで公安に刺されるかわかんない緊張感が…
 
 

谷甲州「137機動旅団」長編版 SFマガジン2019年10月号

谷甲州って、個、個人とか個性とかのこと、どう思ってんのかな。
じゃないな、なんで「個人の唯一性」や「個人の思い」が消える話を書くのかな。
 
なんで「みんなと同じ」でなきゃいけないの?
おひとりさま居酒屋、おひとりさま映画、上等じゃん。
宮崎駿だって言ってるよ。(1997)
ライフスタイルを人に合わせて変える必要はない、自分を変えて村に移り住む必要はない、ヤックルに乗って会いに行くからって。
現代は良くも悪くも個人主義が許される(そのかわり人との関わりは薄くなっていく)時代だと思っていたので、「137機動旅団」を読んで改めてびっくりしてしまった次第。
SFマガジン10月号の長編版を読んで、短編版も引っ張り出して読んで、考え込んでしまいました。
 
まあ個を封じて全体を生かすことが良いって書き方ではないですけどね〜
ネットで感想を探していて「137機動旅団」が賞を取った時の選考座談会の抜粋を見つけました。
時は1979年。
選考者は一読してすぐにベトナム戦争ソ連のことを連想してたー!!
なるほどガッテン!
ベトナム戦争、あったあった。
ソ連、あったあったあった。
忘れてたよ。うっかり。
 
こうやって時が経つと、時代の背景や空気感が忘れられて、作品単独で評価されるようになるのかな。
面白い読書体験でした。
うっかりも悪くない。
 
谷甲州は、個が均等化されてわたしとあなたの区別がなくなる話のほかにも、「わたし個人」があやふやになる話も書いてますよね?
それが怖くて繰り返し読んじゃう「終わりなき索敵」とか、自分が誰かわかる→リセットの繰り返しの「霊峰の門」とか。
谷甲州は、ぜったい臨死体験があると、それも「死んで生まれ変わるってこんな感じか〜」と思うようなガッツリとスピリチュアルなやつを体験していると思ったんだけどな~
 
ないらしいですよ?_(:3 」∠)_

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

とても良かったですね。
サントラ即ポチですよ。
曲がかっこいい上に般若心経入りで、おやすみ時のBGMに最適です。

ストーリーに勢いがあれば、多少のアラは気にならないものですがそれはそれとしてモナークってなんなのでしょうか!
その資金はどこから出てるのか。
武装した状態で思いつきで世界中どこにでも行けるって、どんな組織だ〜!
見たかったキングギドラが見れたので、多少のアラは気にならない。ならない。

『GODZILLA 怪獣惑星』を観た。

 「怪獣惑星」てサブタイトルだけでご飯三杯いけそう。製作は、「シドニアの騎士」を成功させて「BLAME!」を映像化したスタジオでしょう?

 期待しない訳がない。

 期待しすぎてしまったのでしょうか…

 

 …インデペンデンス・デイの続編と同じ轍を踏んでしまったようですね( ;∀;)

  持論ですが、怪獣にはビルが似合う。

 特撮は、空想と現実がごっちゃになるのが醍醐味ですから、よく知った場所でドンパチやってもらいたいものです。たとえば、つい先頃の地上波「シン・ゴジラ」実況の楽しかったこと!

 三菱地所アタックを敢行する高層ビルbot(@m1314706701)とかめちゃめちゃ笑わせてもらいました。どこのどなたか存じませんが、ありがとうございます。

 それがなんですか!

 2万年後の、か…神奈川県?の山の中?

 どこですかそれ…( ;∀;)

 行ったことがある人なら、あーなるほど!と楽しめたのでしょうか…

 たとえば2万年後の新宿の廃墟だったら、知ってる土地アンド廃墟萌えでワクワクできたのかもなあ…(それは次作にご期待下さいなのかも)

 あと…現行兵器を工夫して立ち向かうのが燃えるので…やはり異星人技術で革新的ブレイクスルー後の未来兵器だと…ちょっとピンと来なかったりしませんか?(汗

 ほんと「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」と同じ轍を( ;∀;)

 

 主人公は興味深かったです。はじめ、主人公に感情移入できないし成り行きにも納得が行かないので困ったのですが「あっ、英雄とナントカは紙一重なんだ」と気がついてからはすんなり観られました。見れば主人公の脇にはcv櫻井孝宏のマーリンみたいな、英雄作成EXが使えそうなキャラがいてなるほど、と思いました。

 この配役の妙にはグッと来ました。二人のこの先はぜひ見たい。

 

 などと悪口をいっぱい書いてしまいましたが…

 やはり劇場で見ることをオススメします。

 目の前に立ちふさがるGのやばさ、その咆吼は劇場で見てちびりたい。

 

 時間がとれたらもう一度見に行きたいものです。

『ジャスティス・リーグ』を観た

 スーパーマンバットマン、あんなに面倒くさい愛憎半ばのドロドロした関係性とは知りませんでしたよ…

 いやはやたいへんなことになったものです。

 「バットマンvsスーパーマン」を見直したい。

ワンダーウーマン」がたいへん気に入ったので、監督も違うしキャラが変わっちゃうんじゃないかと心配でした。心配ご無用…なのかな…あの時から100年ぐらい経ってるから、同じな訳なかったね…(;∀;)

 

 全体として「ロード・オブ・ザ・リング」を連想しました…

 神話の戦いの続きを、ファンタジーな場所じゃなくて、現代でやるってのが面白かったです。

 現代!人間代表!のバットマン

 当初、バットマンはコウモリのコスプレをしたただの人間だから、宇宙人のスーパーマンや神の血を引くヒーローたちとは同じ土俵に立てないのでは?と危惧する人がいましたよね。

 わたしもちょっと心配してた… バットマン瞬殺じゃないの?って…

 ところが予告編で「あなたの能力は?」と聞かれたバットマンが「金持ち」と答えたやつ、あれは面白かった!

 本編でも期待通りでした。金で友人を助けようとするとオーバーキル気味になるのが面白かった。あとはすごい威力の推薦状を書いたりとか。バットマンが支援タイプのヒーローだってのは新鮮な見方でした。それからサイボーグがバットマンシナジー効果があったりして…面白いですね、ジャスティス・リーグ

『マイティ・ソー:バトルロイヤル』を観た