読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スターシップ・トゥルーパーズ3』

 すっごいダメダメでした。これはひどい(喜)
 下手くそな俳優、チカチカして何やってるのか分からない戦闘シーン、ガッカリなCG、中盤のだるい展開。どこをとってもダメダメ。
 歩兵vsバグ大軍シーンの短さと言ったらもう。
 1997年の超大作(予算が)と、2008年の技術力で1/5ぐらいの予算で作られた新作どっちが凄いかなーとワクワクしながら行ったのですが、


 だんぜん前作の方が見応えがあったと思います。
 メモリやHDDの値崩れ具合を思えば、2008年作もけっこういける(ムダにバグだけ凄かったりとか?)と思ったのですが、そんな技術のみの単純なものではなかったことだなあ。


 ですが愛すべき映画だと思います。
 ストーリーの途中で挿入される戦意高揚CMのアホっぽさと胡散臭さだけでご飯三杯いけます。
 映画グッズに「追悼CD」があったなら、間違いなく帰りに買っていました。
 ビン詰め魚ポニョぬいぐるみがあったら即買うよ!級の、グッズ欲しい度だと思います。
 主題歌が耳に残る度でもポニョに匹敵するかもです。


 そしてパワードスーツ。
 パワードスーツが登場しただけで胸がいっぱいになりました。
 たとえ合計5分ぐらいのガッカリCGだとしても………うん、そうだよ。胸がいっぱいだよ。
 1作目の時には予算が足りなくてバーホーベン監督が泣く泣く断念したパワードスーツが…。*1
 よかったねえよかったねえ念願のパワードスーツ…


 と感涙にむせびながら帰ってきたのですが、よく聞いたらバーホーベン監督は今作には実際には関わっていないみたいです。


 1作目を楽しく見た人にお勧めします。
 1作目を未見の方には…………ああ、いまは1作目のDVDが1500円で買えるんだね……………(遠い目)

*1:いろんなところで「予算の都合で」とはタテマエで、監督が「生身の歩兵じゃないとグロ場面がなくなっちゃうだろ!」と一喝したからだとも耳にしますが…ほんとうなのでしょうか。