読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『宇宙戦艦ヤマト2199 第7章』

映画

 観てきました。
 イスカンダルがすごいキレイだった。
 劇場で観て良かったです。

 ごめんなさい、あんまり旧作知らないまま印象だけで思っていたんですが。
 今作ヤマトはスマートでちょっとね、と思っていました。
 加えて手書きの古いヤマトって、ちょっと嘘パースかかってません?
 それに比べると、今作ヤマトはデザイン上細身でパース的に正確な分、迫力に欠けるのでは?なんて思ってました。
 大スクリーンで観たら、そんなの気のせいでした。
 首都での決戦とか、「野蛮人の武器」実体弾ガンガン撃つところとか。
 格好良かったなあ。



 私、イスカンダル人は精神攻撃をするやばい種族だとにらんでいました。
 ガミラスの武力侵略はヤマトの波動砲で打ち払えるけど、イスカンダルの精神攻撃は波動砲でも実体弾でも打ち払えまい、どうするんだろうって。
 そうでなければ、遺伝子にリミッターが組み込まれてる説!
 地球・ガミラス同祖説がほのめかされていますよね。
 母体はイスカンダルに違いなくて、あらかじめ刃向かえないよう遺伝子的にリミッター入れてるに違いない!
 その予想は外れました(笑)
 そういう方角のオリジナル要素はねじ込まれていなかったことだなあ。


 思えば、テレビ放映から入って、リアルタイムで第7章を観られたいちばん幸福なパターンだったかも知れません。
 ラッキーだったなあ。
 あとね、幸福なことに?旧作にはそこまで思い入れないんです…。
 オタクの道に入った時はヤマトは既にもう古典でござった。
 だから改変部分も比較して楽しめました。
 ラッキーでした。



 いくつか語られぬ謎が残りましたね。
 どちらが先制攻撃をしたかって話、あれは地ガ双方に言い分があるってことなのかなあと想像しています。
 ファーストコンタクトだった訳だし。
 ガミラス側は無条件降伏を勧告した「つもり」で正式な回答がないから開戦宣言した「つもり」、地球はまず外交交渉を申し出た「つもり」で。
 共通のプロトコールなんかある訳ないから、かみ合ってなかったんじゃなかったのかなあ。
 で、どちらも自国の将兵には「相手が先制した」と説明する訳です。
 どうでしょう。


 本筋には関係ないのですが、あの宇宙の生命と知性は、どこから来てどこへ向かうのか、その辺の設定を詳しくお伺いしたいです。
 私はイスカンダルかその前身種族が太古に播種したんじゃないかと思っています。
 かと思えばビーメラのような非ニューマノイド知的生命体文明もあったりで。
 あの宇宙はさぞかしにぎやかに違いない。
 もしも裏設定などがあれば聞かせていただきたいです。わくわくします。