読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『オブリビオン』

 トム・クルーズ主演のSF映画です。
 面白かった!
 ひねったようでいて実はストレートなストーリーも、語りすぎない感じが良かったと思います。


 なによりも廃墟好きにはたまりませんわ。


 宇宙人に侵略され荒れ果てた地球に残り、水プラントと警備ロボット(ドローン)の番をするジャック(トム・クルーズ)。
 人類は近々地球を捨ててタイタンの衛星へ移住する予定。
 広大な無人のエリアにいるのが、実務担当のトムと、オペレーターの嫁さんだけ。
 あとは衛星軌道上の基地のオペレーター(映像のみ)
 ほんとうは完全無人化したいんだけど、できないから仕方なく2人だけ地上に置いてますって感じ。
 で、トムの担当範囲が元ニューヨークなんですね。
 この設定、それを大画面に描写して頂けるだけで、見に来たかいがあった。
 トム・クルーズが廃墟でウロウロしてるだけでごはん3杯行ける系の面白さだと思います。
 戦艦や原潜の残骸がごろごろしてる砂漠を、トムが白いバイクで走ってるだけで、ああ、ええもん見たなあ的な気分になりました。


 正確に言うなら、「廃墟好き」や「廃墟萌え」とは、例えば軍艦島や廃道を探検する実践派+そのウォッチャーなのかも。
 私は…ほんとうは違う系統の人なのかも知れません…
 「廃墟」という言葉に惹かれてそれらの書籍を手にとりましたが、いちばんグッと来たのは中筋純の写真集「廃墟チェルノブイリ」でした。
 これ、廃墟ってタイトルについてるけど、廃墟系じゃないよね。
 報道写真?か?


 ですがごめんなさい、訳もなく都市の廃墟がグッと来るんです!
 人っ子ひとりいないところに主人公ひとりってのがいいんです!
 何でか分からないけど、いいんです!
 『オブリビオン』はニューヨークがまるごと廃墟なんですよ〜
 グッと来ないはずがない。
 ウィル・スミスの『アイ・アム・レジェンド』も良かったですよね。廃墟という点では。


 と、思っているのですが、都市廃墟はワクワクするよねー!と大声では言いづらい…かな…
 ファンタジーとしての映画作品内都市廃墟をこっそり楽しんでいるだけ、のつもりなんですが…。


追記
 ハリウッド映画の核汚染の描写は、ぬるいとおもう。
 ああまただ!わかってない!奴らちっともわかってないよ!!
 とイライラしながら見ていたのですが、今回は、違いました。