読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『レッドクリフ part2』

 三国志をスクリーンで見せてくれて、ジョン・ウー監督ありがとう。


 映画化にあたって赤壁をピックアップした慧眼に感服しました。


 努力・友情・勝利に、火計。


 ヒットしない要素は何一つないと言えましょう。


 Part1を見て感じた不満の95%は、火計がなかったからだと思い至りました。
 また、努力と友情が運の流れを変える瞬間を、東南の風に重ねて描いていたから、すんごいカタルシスだった。
 孫権は更に萌える感じに。
 ストレスが解消され、すっかりリラックスしています。
 全権を周瑜に委任しちゃったから?
 君主として、それでいいのでしょうか。


 その後はテンポが悪く感じました。
 激戦の最中にヒューマンドラマが始まって、集中しないと討ち死にしちゃうよ!!?と気になってドラマに入り込めなかったの。