読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CLUB251 15th ANNIVERSARY〜extra sessions〜

 行ってまいりました。


(前提)
 今秋の石田ショーキチ氏のツアーは西方重視でいちばん東が横浜。
 仙台スルーの上に都内ナシという、東北人おいてけぼりの計画でした。
 去年の仙台で、それほどまでにわたくしどもに失礼がございましたのでしょうか!(笑)
 昨秋のツアーの総括で仙台公演についてだけは多くを語らなかったのは、冗談だと信じていたのに(笑)(笑)(笑)
 今期、エレクトロ回帰をうたい編成をキーボードin(ギターout)と改め、御大も大満足の新チームを見たい見たい見たい。


 と、呪って祈っていたら願いがかないました。
 臨時に一本追加となったのです。


 「今日は怨念をこめて演ります」とのことでした。*1
 その発言の理由は分かりません。
 真っ黄色の服で笑顔でそう宣言されると、何か高度で複雑な冗談が仕込まれているのかと判断に迷います。
 それから「この夏の収穫」サンバイザーはもはや年間を通じてデフォなのでしょうか。


 ですが。
 キーボードinの『Better Days』の軽やかで華やかなこと!
 はじめてスクーデリア・エレクトロを知った時の驚きを鮮やかに思い出しました。
 エレクトロ回帰万歳。
 王の帰還万歳。
 さらっと『Everybody Wants to Rule the World』(Tears for Fears)のカバーが出来てしまう編成ってすごくね?
 横浜遠征、も、します。
 だってそこがいちばん東なんだからしょうがない。
 こうやってちょっとずつ遠くにおびき出されて、10年後ぐらいには京都大阪遠征とか当たり前にしてたら怖いなあと思います。


 しかし『霧雨』『ブラックバード』などやかまし系ではギター秋山さんの不在が惜しまれ…てのは欲張りすぎでしょうか。
 あれこれ思い出をたどっていくと「風のアルカディア」の2声コーラスがもう一度聴きたいなあと思います。



 そうそう、ふだんはクールにアンドロイドのように(褒めてます!)叩き続けるアラジン先生が「新曲」の間ずーっとニコニコしてました。


 それと、たまに、曲の途中でもニコっとするのね。
 わたしの推測では、御大が歌詞を間違えた時ではないk

*1:ツアーはいつもの僕らしく明るくポップにやるので遊びに来てね!とのことでした。